永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛は基本的には皮膚ガンや肌トラブルといった副作用の心配がない、日本医学脱毛協会でも承認されている手段です。レーザーと言いましても「医療用」ですから、赤外線を用いて照射します。よって、太陽光の様に紫外線の実害もないですから、病気が発生する可能性はほとんど無いに等しいです。最近の医学は特に進化していますから、脱毛に発生するデメリットを極力、消しています。照射していく事で毛根に働きかけて、ケアしていきます。

永久脱毛による副作用

現在行われている永久脱毛はどれも安全性が高いといわれていますが、覚えておかなければならない副作用もあります。よくあるのが赤みであり、皮膚が一時的に軽い火傷のような状態になることもあります。施術によって肌のバリア機能が衰えている時には毛膿炎も起こりやすくなりますが、これは毛穴の中にバイ菌が入って炎症を起こしている状態です。ニキビなどができている場所に起こりやすく、炎症が酷くなると跡に残る可能性もあります。
クリニックでは個々の状態に合った照射が行われますので安全に処理を行うことができますが、元々の肌コンディションやその後のお手入れ方法によっては肌トラブルが起こってしまうこともありますので注意が必要です。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛の副作用として、口コミではワキ汗やワキガを指摘している人も多いですが、実際にはそのようなことはなく、一つ悩みが消えたことで新たな部分を気にしているだけという場合が多いです。そのような副作用は考えにくく、毛がなくなったことで、汗が流れやすくなったという場合が多いです。そしてもともとあった臭いに気づいたり、シャツなどが濡れて、そのにおいがきつくてワキガと勘違いしている人も多いです。脱毛をすると、毛がなくなってすっきりします。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛で起こり得る肌トラブルとして、レーザー照射の熱の作用によって皮膚が軽い熱を持って火傷のような状態になることがあります。赤みがある間は肌がとても敏感になっていますので、普段の生活の中でも負担をかけないように気をつけなければなりません。それ以外にも、乾燥には注意が必要です。皮膚が熱を帯びている間は肌中の水分が蒸発しやすくなっていますので、一時的にバリア機能が低下します。特に元々が乾燥肌の人は入念に保湿対策をしなければなりません。
アトピー肌や敏感肌の場合、照射による影響が大きくなる恐れがありますので、カウンセリングの際にきちんと相談しておく必要があります。クリニックでは個々の状態に合わせて適切な施術を行ってくれます。

永久脱毛 福島 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です